放送局TOKYO MX1
放送時間2020/01/01 07:00 ~ 2020/01/01 07:55 (55分)
カテゴリドキュメンタリー/教養 - 歴史・紀行
趣味/教育 - 音楽・美術・工芸
ドキュメンタリー/教養 - カルチャー・伝統文化
番組名時を紡いで~伊勢神宮 祈りへの捧げ物~
番組詳細令和元年 秋。天皇陛下は、一世に一度の重要な儀式「大嘗祭」に臨まれました。 大嘗祭が終わると、天皇陛下は伊勢神宮を参拝され、即位に関する一連の儀式を無事に終えたことを奉告するのが慣わしです。天皇として初めてとなった伊勢訪問では、多くの市民が出迎える姿が見られました。
皇室の祖先とされる天照大御神をまつる伊勢神宮は、宮中祭祀と呼ばれる「祈り」の儀式を通じて現代もなお 皇室とつながっています。宮中祭祀は、国や民の安泰を願って歴代の天皇に受け継がれてきました。大嘗祭では、天皇が伊勢の方角に向かって祈りを捧げることからも、時間と場所を超越した宮中と伊勢の結びつきが伺えます。
もう一つ、宮中と神宮をつなぐものがあります。それが「米」です。伊勢神宮には、毎年、天皇陛下が育てられた初穂が奉納されます。大嘗祭では、占いによって選ばれた京都府と栃木県の米が供えられ、即位した天皇は、神々とともに食すとされています。天照大御神から稲を授けられたという神話をもち、米作りの文化を育くんできた日本人にとって米は「神」と「人」とを結びつける特別なものです。
大嘗祭では、米のほかに各都道府県からの特産品が納められ、三重県からは、伊勢神宮に深い縁のある「のしあわび」や「鰹節」をはじめ、「茶」「みかん」「乾燥ひじき」が届けられました。 神への捧げ物に込められた特別な思いとは。伝統をつなぎ、真心を込めて丹念に作る人々の姿がありました。
【出演】 山下勝日己さん(山彦鰹節・会長)、宝門伸二さん(山彦鰹節・第一工場長)、重美さん(萩村製茶)、萩村浩史さん(萩村製茶)、松井よ志子さん(海女)
関連情報放送時間帯の実況板スレを検索(別サイト)
全国ネット番組の場合はレス記録から
放送内容や延長情報などの情報が得れる場合があります