放送局フジテレビ
放送時間2017/04/09 14:00 ~ 2017/04/09 14:55 (55分)
カテゴリドキュメンタリー/教養 - ドキュメンタリー全般
付加情報文字多重放送
番組名ザ・ノンフィクション 私、ツヨくなりました ~その後の花嫁のれん物語~
番組概要主人公は高級温泉旅館に嫁いだ看護師の弥生さん▽女将と大女将の狭間で▽子供ができない‥人工授精を決断▽義父と夫の確執‥追い込まれる経営▽どうする弥生さん?
番組詳細能登の老舗旅館に女将として嫁いだ女性の姿を追いながら、新しい家族との関わりの中で、「愛とは何か」、そして「家族とは」といった、普遍的なテーマを掘り下げて来た「花嫁のれん物語」シリーズ。今回の放送は10年以上撮り続けてきた素材の中から秘蔵映像も含め、弥生さんが老舗旅館、多田屋を若女将として背負って立つまでを丁寧に描きます。 今から11年前、千葉県から嫁いできた弥生さんは、地元の古い風習である
「花嫁のれん」をくぐり多田屋の嫁として迎えられました。多田屋は、能登半島の付け根にある和倉温泉の老舗旅館を代々営む家族。弥生さんは、将来的には多田屋を背負う女将として迎え入れられたのです。 夫である健太郎さんの母親は女将、そして祖母は大女将。弥生さんはこの二人のベテラン女将に指導され、懸命に女将修行を積んでいきます。しかし、弥生さんを大いに悩ませたのが、なかなか子供ができなかった事。
結婚して3年が過ぎても、多田屋の後継ぎとなる子供を授かることができなかったのです。思いつめた弥生さんは人工授精に踏み切ります…。 一方で、多田屋にも問題がありました。それは、社長である多田邦彦さんと息子であり後継ぎの健太郎さんとの間にあった父と子の確執でした。そして、多田屋は不景気の波に押され、経営的にも追い込まれて行きます。そんな能登の老舗旅館に嫁ぎ、成長してきた弥生さんの10年に渡る物語です。
【語り】 梅津弥英子(フジテレビアナウンサー)
【チーフプロデューサー】 張江泰之  【プロデューサー・演出】 大里正人  【ディレクター】 西村ルミ子  【制作協力】 オーディンプロダクション  【制作著作】 フジテレビ
【オープニング・テーマ曲】 〈曲名〉サンサーラ  〈作曲〉山口卓馬  〈演奏〉武部聡志  【エンディング・テーマ曲】 〈曲名〉サンサーラ  〈作曲〉山口卓馬  〈歌〉瀬川あやか
出演者梅津弥英子
関連情報放送時間帯の実況板スレを検索(別サイト)
全国ネット番組の場合はレス記録から
放送内容や延長情報などの情報が得れる場合があります